幸福家【Pyon】

koufukuya.exblog.jp
ブログトップ

焦ったぜ~ (-.-;)

今日の卒業式でPTCA会長として祝辞を述べる為数日前から四苦八苦して作った『祝辞』!
読みやすい様に折り込み作業も家内にしてもらい、礼服の胸内ポケットに入れ「完璧!」!
c0144638_131819.jpg
卒業証書授与後、校長先生の式辞をフムフムとうなずきながら聞いていると…
げっ!(。。;) 話し内容、僕の祝辞に似ているじゃん ヤバヤバ(ノ><)ノ

校長先生の後の市長代理の方の来賓祝辞の間、原稿変更をするか否なか焦りまくりo(><)o
なんとか、頭の中に別案がまだ残っていたため、急遽一部変更しました(^-^;
c0144638_1313173.jpg
その為か、ところどころカミカミになっちゃいましたが、
なんとか無事にお祝いのメッセージを皆さんに述べる事が出来ました(;^O^)=3


では祝辞の内容は、↓のMoreにUPします(^-^;





『祝辞』
卒業生の皆さん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。

日頃から子ども達を見守って頂いております、ご来賓の皆様、
ご多忙中の中、子ども達の為にご臨席賜り感謝申し上げます。

また本日、子ども達が無事、この棗校を卒業できますのも、
校長先生を始め、教職員皆様のおかげとお礼申し上げます。


そして、保護者の皆様。
思い起こして頂くと、生まれた時、ぷにょぷにょの腕をあげ、何かを手放したくない様に、
力いっぱい手のひらを握り締め泣きじゃくっていた、あの赤ちゃん。

入学式の頃、大きめの制服を着た後姿を、自分の子ども時代とかぶらせ、
期待と不安いっぱいで見送っていた、あの日から早いもので、もう卒業なんですね。
その子が、こんなに大きく、たくましく、心も体も成長され今日を迎えられましたことを、
心よりお祝い申し上げます。


さて、卒業生の皆さんは
この棗校で過ごした時を思い出し、どんな思い出が浮かんできますか?
修学旅行、体育大会、部活動・・・そして、笑い、悩み、けんかをした事、
時には恋をした事もあったでしょう。褒められたり叱られた事もありましたよね。

その全ての思い出では、必ず皆さんが一人ではなかった事も思い出して下さい。
友達や先生・家族など必ず相手が居たはずです。
それは味方であったり、ライバルであった事もあるでしょう。

これからも皆さんは、様々な人と出会い、経験を重ねていきます。
人生には、心から感動し飛び跳ねたくなるような嬉しいこともありますし、
逆に、生きていくのがつらく感じるような苦しいこともあります。

人は一人では生きて行けないものです。
人に傷つけられ悩むこともありますが、
それらを癒し・助けてくれるのも、人の優しさです。
相手の立場になって考えてみる。そして相手の気持ちを思いやり、苦しみ、
痛みを分かち合い、お互いを助け合えるような、良い友人を見つけて下さい。

私の経験からも間違い無く言えることは、皆さんの年齢や職業が変わっても、
学生時代の友人とは一生、心の付き合いができますから。

そして、時には一緒に悩み相談に乗ってくれる方がいます。
そう、ご両親やご家族なんです。
また、どこの子かも分からないのに毎日君達を見守ってくれているのが、
地域の◎×◇の皆さんなんです。
そのご家族やご両親の顔を思い浮かべてください。

皆さんにはこれからの人生の中には無限の可能性があります。
今日、新しい世界への扉を開き、夢に向かって元気に羽ばたいてくのです。

本日、勇気を持って羽ばたいていく、皆さんの未来に幸多かれと願い、
お祝いのメッセージとさせて頂きます。

ご卒業、心からおめでとう。

平成二十二年三月十六日

             福井市◎×◇小中学校PTAC会長  Pyon主

[PR]
by koufukuya-pyon | 2010-03-16 21:45 |  PTA